- ねおにーとちゃんねる ~株・FX・副業まとめ~

みんなは何を買っている? iDeCoで知る投資の極意

6093690339_a09493f126.jpg
photo credit: Graph With Stacks Of Coins via photopin (license)



1: ネオ名無しさん 2017/09/10(日) 18:28:55.57 ID:CAP_USER
 iDeCo(個人型確定拠出年金)の加入者が6月末で55万人と、相変わらず月3万人のペースで増えています。またDC(企業型確定拠出年金)の加入者も同様のペースで増えており、現在の加入者は630万人と、民間サラリーマンのおよそ6人に1人*が利用している制度になってきました(*厚生労働省が今年3月に公表した『平成27年度 厚生年金保険・国民年金事業の概況』から、公務員を除く厚生年金被保険者数3686万人より試算)。

 そこで今回も企業型DCの加入者の方々のエピソードを交えながら、iDeCoに加入して投資をするとどんなことが起こるかお話ししていきたいと思います。

■投信保有割合の高い30代・40代

 さて皆さんは、他の確定拠出年金加入者たちがどんな資産配分をしているか、知りたくありませんか? 運営管理機関連絡協議会が昨年公表した年代別の資産配分状況(残高ベース)がこちらです。
https://style.nikkei.com/article-image?ad=DSXZZO2076379005092017000000&ng=DGXMZO20763300V00C17A9000000

2016年3月末のデータであり、ニューヨーク・ダウ工業株30種平均の値上がりを勘案すると現在は外国株式の割合がもう少し増えていると思いますが、おおむねこんな感じだと思っていただいていいでしょう。国内株式型からバランス型、MMFまで、投資信託の保有割合が高いのが30代・40代です。50代の方々では徐々に投信の割合が減っており、少し保守的な運用になっていることが読み取れます。これは60歳以降に受け取ることを考え、そのタイミングで大きなマーケット変動があっても受取額の影響が少なくなるよう考えた結果でしょう。

 20代以下は投信の割合が大きく減り、預貯金や保険など元本確保型商品の割合が増えています。これは投資や投信の知識が少ないからだろうとおっしゃる方もいますが、現実的にはまだ働き始めたばかりで金銭的な余裕がないということと、さらには「投資とはある程度まとまった額でするもの」というイメージも影響しているように思います。しかし、後述するようにこれは大きな誤りなのです。

 金融庁の調査に「国民のNISAの利用状況等に関するアンケート調査(2016年2月実施)」というものがあります。その中の「投資は資産形成に必要だと思うが、投資を行わない理由」の回答でも、「まとまった資金がないから」(73%)、「どのように有価証券を購入したら良いのか分からないから」(37%)、「取引を行う時間的ゆとりがないから」(30%)などが上位に挙げられています。

■下げても買い続けるのが重要
でも、本当は投資とは必ずしもまとまった額で始めるべきものではありません。なぜならば投資には経験からしか学べないことがたくさんあり、特に最初はつきあい方がよくわからないので、失敗することも多くあるからです。したがって大きなお金を一度に投入して(一括投資)大きなリスクを取るのではなく、少額で始めていくべきものなのです。

 特にiDeCoで行う投資は5000円からの少額積み立てで、毎月同じ金額が継続して投資されます。投信の価格は日々変動しますので、価格が高いときは少ない量を、安いときは多い量を購入することになります。洋服を買うのに例えれば、シーズン初めには少ししか買わず、バーゲン時は安くなっているので多めに買えるといったイメージです。

 こういう買い方により、仮に相場が下落していても、持っている投信の平均買い付け単価は下がっていきますから、相場が元に戻ったときの利益は大きくなります。これを自動的に行ってくれるのがiDeCoの投資のスタイルなのです。人間にはもうけたいという欲がありますから、相場の下落時には(本当は買いのチャンスなのに)買い渋ってしまうなど、判断にはバイアスがかかりがちです。個人ではなかなかこういう「下がり続けていても買う」といった冷静な投資は続けられません。

■投資の極意は長期、継続、分散

 また、iDeCoは60歳まで引き出すことができませんから、必然的に長期の運用になります。リーマン・ショック後の株価が世界的に低迷していた時期は、投信で分散投資していた加入者は資産残高が目減りし、元本を2割以上も割ってしまっている方が大勢いました。そのころは多くの方が「暗い気持ちになるから残高を見たくない」と口をそろえて言っていたものです。普通の投資方法であればこの段階で運用を諦め、投信を売って損切りしてしまったかもしれません。しかし、確定拠出年金は60歳まで引き出せませんし、他の商品への乗り換えも面倒なので、仕方なくそのまま運用を継続していった方がほとんどでした。
以下ソース
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO20763300V00C17A9000000

株取引って簡単だなwwwwwwwwwwwww

6646813851_ddb71f9b8b_n.jpg
Tokyo Stock Exchange via photopin (license)


1: ネオ名無しさん 2017/09/11(月) 21:21:33.97 0
2月にマクドナルドの株を2970円で買って放置してたら5100円になってたw
負ける奴っているの?

株に詳しいやつ!

1: ネオ名無しさん 2017/09/08(金) 13:44:14.713 ID:4SCuXyQf0
優待目的で買おうと思うんだけど

株で儲けたいんだがやり方教えてくれwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

株を買ってみたんだけど最初は損するものなの?

6646813851_ddb71f9b8b_n.jpg
Tokyo Stock Exchange via photopin (license)


1: ネオ名無しさん 2017/09/07(木) 10:23:55.635 ID:+TTXJIpK0
最初は損するのが当たり前?
てか株どのくらいの数かうの?

株歴5年で年利回り+10%を安定して出せてるけど何か質問ある?

株式投資と恋愛の共通点 恋愛で損切りするも悲喜こもごも

6646813851_ddb71f9b8b_n.jpg
Tokyo Stock Exchange via photopin (license)


1: ネオ名無しさん 2017/09/04(月) 00:09:28.45 ID:CAP_USER
「銘柄に惚れ込んではいけない」これは投資家の間では有名な格言だ。これは、ある銘柄でたまたま大きな利益が出た時に、その銘柄が性格的に自分に合っていると錯覚し、その後たとえ利益が出なくてもその銘柄に固執してしまう投資家に対する警鐘である。

人間の恋愛模様でも、第一印象の良さが拭えずに「良い人だ」という感覚が強すぎると、その後の悪い行為まで良く見えてしまいその人に固執してしまうことがある。株式投資における投資家心理は、人間の恋愛心理と重なる部分があるのだ。ここでは株投資と恋愛の共通点をみてみよう。

「取引期間」を恋愛に例えると
【長期投資】
企業の事業内容や財務状況に着目し、数年から数十年単位で続けること。ファンダメンタル投資とも呼ばれる。出来高や値動きではなく、財務諸表や決算書を読み解くことを大事にするスタンスだ。ちなみに長期投資で成功したウォーレン・バフェット氏も企業を選ぶ際には資産状況(財務)を重視する。

【長期投資的な恋愛】
長期投資的な恋愛は、現在の仕事ぶりや堅実かなどの資産状況を判断して付き合うことになる。容姿の良さや豪華なライフスタイルなど表面的な部分にはあまり興味がない。誠実かつ堅実であることが大事。

【短期投資】
デイトレードやスイングトレードのような1日から数日で株を手放す取引だ。短期投資は銘柄の取引量や値動きの良さに注目するので、企業の業績・財務や事業内容には興味がないといった特徴がある。

【短期投資的な恋愛】
キラキラ感や派手さなどの表面的な部分(容姿の良さやファッション、高価な車やマンションなど)を見て相手と付き合うことに似ている。そのため表面的な部分にほころびが生じると関係は破綻してしまうこともある。

「取引スタンス」を恋愛に例えると
【順張り投資】
上昇中の銘柄をこれからも上がると判断して買うこと。株価が好業績で配当もしっかり出していて、割高でない銘柄を選ぶと良い結果だでることがある。業績推移にブレがない(安定感が強い)ことを確認することが大事。

【順張り的な恋愛】
仕事が堅調で健康、見た目は普通だが明るく人生を楽しんでそうな人は長期的にみると恋愛や結婚も成功する確率が高くなるかもしれない。その際には、散財癖やギャンブル、浮気ぐせなど下落トレンドへ突入する可能性のある要素がないことをしっかりとチェックすることも大事だ。

【逆張り投資】
株価が下がり続ける銘柄の中から「今後の有望株」を選ぶ必要があるので熟練の技を要する。過去の株価と比べて今は安いと判断できてもその後もどんどんやすくなるという現象は株式市場では日常茶飯事だ。しかしうまく掴むことができれば、その後の大きな上昇を利益に変えることもできる。

【逆張り的な恋愛】
下落トレンドにある人は基本的には多くの人に見放されていることが多い。そのため、付き合うのはいたって簡単だが、その後も落ち続けることもあるために注意が必要だ。

逆張りで相手を選ぶには、今落ちている理由が一時的で今後回復可能なのか、それとも悪原因が性格的なところからきている長期的なものなのかを慎重に判断することが大事だ。恋愛初心者は要注意!ダメ男(女)を掴む可能性は大だ。

以下ソース
https://zuuonline.com/archives/170552

投資を避ける人に教えたいお金が増える鉄則。100円を101円にすることから始めてみよう

6093690339_a09493f126.jpg
photo credit: Graph With Stacks Of Coins via photopin (license)



1: ネオ名無しさん 2017/09/04(月) 00:06:19.57 ID:CAP_USER
コンサルタントとして働きながら、13棟のマンション・アパート、戸建て10棟、8借地もの不動産を所有する石川貴康氏。いまや誰もが羨む「大大家さん」だが、意外にも投資を始めたのは35歳からだという。
石川氏の持論はこうだ。「100円が101円になったら大成功。自分で労働しないで、おカネに働いてもらって増えるなら、立派な投資。額は関係ない。それでOKと考えましょう」。著書『100円ちゃりんちゃりん投資』の中から、今日から誰でもすぐに実行できる投資のコツを一部公開する。
おカネが増えていく方法

(1)おカネは勝手に増える性質を持っている!

「おカネは使わなければ損。おカネは勝手に増える性質を備え持っている」

と言われたら、どう思われますか??

「そんなのうそ。おカネなんて使ったら使った分、消えるだけ。むしろ勝手に消える性質を持っている。おカネが勝手に増えるのなら、こんなに苦労はしない」

そう考える方が多いかもしれません。しかし、はっきりと断言しましょう。おカネとは、もともと勝手に増える性質を備えています。増えていくのが本来の性質なのです。

ただし、それには1つだけ条件があります。その条件とは、おカネをどこかに投資するということです。?

おカネをどこかに貯めこんでおくだけでは、おカネの価値は増えません。逆に、もともと持っていた価値が損なわれてしまいます。ましてやインフレになったら、もう悲惨です。手元に貯めていたおカネの価値は大きく目減りし、どんなに嘆いてもその価値が元に戻るチャンスはほとんどありません。

では、投資をしたらどうでしょうか。投資におカネを使ったら、増えて戻ってくるのです。これは、資本主義になる前、古代からの“お約束”です。メソポタミアでも、古代ローマでも、大航海時代でも、江戸時代でも、投資すればおカネは増えて戻ってきたのです。これが、経済上のお約束。


「おカネがなくなる危険があるじゃないか」という反論が聞こえてきそうです。その意見は、あながち的外れでもありません。リスクはあります。でも、おカネがちゃんと増えていく方法はあります。そんな投資法を選べばいいのです。?

選ぶ道筋さえ間違わなければ、おカネはもともと持っている「勝手に増えていく性質」を発揮して、ちゃっかりと増えていきます。そんな詐欺のようなうまい話はない??そんなことはありません。探せばあります。

「100円が101円になれば大成功!」

投資に対する間違った考えの多くは、短期間で大きな成果を得ようとする焦りの姿勢から始まります。世の中には、100円がすぐに1万円に化けるような、インスタントで都合のいい方法はありません。あったら、それこそ詐欺やインチキです。もしくは賭博でしょうか。

そうではなく、100円が101円に増えれば大成功です。1円でもプラスはプラス。投じたおカネが少しでも増えれば、それはもう立派な投資なのです。

いまは、あまりオススメはしませんが、日本の銀行への預金も投資の一つです。世間一般では、「銀行預金イコールおカネを貯めること」と考えられていますが、それは大間違い。私たちが銀行に預けたおカネは、銀行の奥に設置されている金庫に静かに眠っているわけではありません。

銀行は私たちから預かったおカネを企業や店、個人などに貸し付け、また国債の購入に充てています。運用して利益を上げ、その見返りとして私たちに(非常に少ないですが)利子を支払っているのです。ほら、増えて戻ってくるでしょう。これは、貸し付け投資という投資なのです。私たちは銀行に預金という名前で貸し付け投資を行い、元本に利子を足して、返してもらっているのです。

いまから30年近く前、1980~1990年代には、銀行の定期預金の金利は5~6%でした。郵便貯金の10年定期預金の金利はさらに高く、8~12%の時代もありました。普通預金の金利が0.001%の水準にまで落ち込み、定期預金の金利も0.02%程度しかない現状を考えると、夢のような数字ですが、当時は誰もがそれを当たり前だと考えていました。銀行預金や郵便貯金は、堅実かつ高利回りの投資法であり、誰もが気軽に始められる身近な投資法だったのです。

ただ、そんな時代が戻ってくる可能性は低い。いまの時代にはいまの時代にふさわしい投資法があります。100円が101円に増えれば大成功と書きましたが、いま銀行に100円を1年間預けても金利は1円にもなりません。いまの時代に合った、もっと賢明な投資方法を選ぶ必要があります。
以下ソース
http://toyokeizai.net/articles/-/185813

ワイ,ビットコイン20単位持ち,ここ最近震えが止まらない

6093690339_a09493f126.jpg
photo credit: Graph With Stacks Of Coins via photopin (license)



1: ネオ名無しさん 2017/09/03(日)08:00:39 ID:1Ho
今年の2月に一世一代の勝負に出て本当に良かったンゴ……

ビットコインに投資して2ヶ月

6093690339_a09493f126.jpg
photo credit: Graph With Stacks Of Coins via photopin (license)



1: ネオ名無しさん 2017/09/02(土) 15:01:20.864 ID:0ySq6ml60
50,000円→53,500円



Amazon オススメBooks (株式投資)




Amazon オススメBooks (FX)




Amazon オススメBooks (転売)