ねおにーとちゃんねる ~株・FX・副業まとめ~

10万円しかないけど株で儲けたい

6646813851_ddb71f9b8b_n.jpg
Tokyo Stock Exchange via photopin (license)


1: ネオ名無しさん 2016/09/24(土) 16:28:13.14 ID:hbkQGq4w0
10万円しかないけどこれで足りる?

投資信託の販売落ち込みが深刻、アベノミクス前に逆戻り 政策の手詰まりや景気不透明感が影響

6093690339_a09493f126.jpg
photo credit: Graph With Stacks Of Coins via photopin (license)



1: ネオ名無しさん 2016/09/23(金) 17:50:17.79 ID:CAP_USER
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2016-09-22/ODL5NF6JTSEB01

国内で投資信託の販売が落ち込み、特に株式投信の年初来設定額はアベノミクスが始まる前の2
012年以来の低水準となっている。背景にあるのは、政策の手詰まりで日本のデフレ脱却に対する期待がしぼんでいる上、
世界の景気や金融政策への不透明感による円高、株安の流れだ。
  投資信託協会がまとめる公募投信のデータによると、ことしの株式投信の設定額は8月までの合計で19兆4685億円。
1カ月当たりの平均は2兆4336億円と前年同期の約6割の水準にとどまる。年間では13年の40兆円、
14年の38兆円、15年の44兆円から大きく減り、12年の23兆8241億円以来の低水準となる可能性が高い。
13年5月には、5兆2231億円と月間データの比較が可能な1989年以降で最高を記録した。

(以下略)

日銀、「異次元緩和」3年半で約220兆円 莫大マネーはどこへ?


photo credit: Detail of Japanese 10,000 Yen Note, Macro Photo via photopin (license)



1: ネオ名無しさん 2016/09/22(木) 11:53:33.49 ID:CAP_USER
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00336921.html
「アベノミクス」に関して、「大規模緩和などで大企業が潤えば中小企業も潤って、そのうち家庭にも潤いがやって来る」ということだったが、
実際は、そうなっていない。そこで、日銀は金融政策決定会合で、この大規模緩和の継続、さらに、新たな一手を打つことを明らかにした。
「次元の異なる金融政策で、デフレからの脱却を目指す」、日銀の黒田東彦総裁が、物価を2年間で2%上げることを宣言してから、すでに3年半。
再び、黒田総裁が動いた。
黒田総裁は「日本銀行は、新たな政策枠組みのもとで、2%の物価安定目標の実現に向けて
、従来よりも一段と強力な金融緩和を推進してまいります」と述べた。
今回の政策の柱の1つは、現状のマイナス金利政策を維持するとともに、金利操作を行うことで、長期金利を0%程度に誘導するというもの。
政策の軸足を、お金の「量」から「金利」へと転換した形。
事実上の軌道修正と見る声も少なくない。
黒田総裁は「手詰まりになったということはない」と述べた。
一方、この3年半の間に、日銀によって世の中に流されたお金は、およそ220兆円。
国民1人あたりで計算すると、およそ180万円にもなる。
富裕層や大企業から中小企業へ、そして個人へと流れ渡っていくはずだった、この莫大(ばくだい)なマネーは、いったいどこへ行ったのか。
そのヒントを、東京都内の貴金属店で見つけた。
売られていたのは、ここ数年、安定した人気を誇っている金。
しかし、この金を買いに来る人には、ある特徴があるという。
フローレス・上條勇人代表取締役は「金を買われる方で多いのは、不動産であったり、株をすでに持ってらっしゃるような富裕層の方が多いです」と話した。
この店舗の金の価格は、100グラムでおよそ47万円。
中には、450万円分をまとめて買っていく人もいるという。
富裕層が経済を回すべきお金を「金」に換え、手元に置いてしまっているのか。
一方、大企業からの恩恵が受けられるはずの中小企業。
共栄エンジニアリングの村田幹雄社長は「(日銀からのお金は社長のとこに来てる?)ほしいですけど、回ってこないですね」と話した。
東京・大田区に拠点を置き、食品の加工機械を製造・販売している共栄エンジニアリング。
3年半前からは、ある変化があった。
銀行側からの「お金を借りませんか?」という融資の相談。
村田社長は「2行か3行ぐらいだったのが、今は5行ぐらい、都市銀行も言ってきます」と話した。
これは、黒田総裁が2016年2月から導入した、マイナス金利の影響。
日銀は、この金融政策によって、銀行が積極的に企業に融資するようになることをもくろんでいたが、
村田社長は「(大企業が)設備投資をほとんどしないので、大きい仕事がほとんど来なくなっている。
借り入れも少なくなっているというのが現状ですね」と話した。
そして、最後に恩恵が回ってくる個人への影響は、どの程度あったのか。
祝日前夜の21日、居酒屋で1杯やっている人たちに聞いてみた。
部品関係の会社に勤める女性(25)は「3年前は、ボーナスが4回だったのが、今は2回に減っているので。たぶん50万ぐらい減っているんですよ」と話した。
メーカーに勤める男性(43)は「(給料は)この3年、変わってないですし。全般が底上げされているような、そういう雰囲気は感じないですね」と話した。
今回の日銀の軌道修正は、手詰まり感のある現状を変えることができるのか。

自販機設置で2万~3万円 話題の副業


photo credit: Detail of Japanese 10,000 Yen Note, Macro Photo via photopin (license)



1: ネオ名無しさん 2016/09/06(火) 09:56:32.72 ID:vZKJsRqJ0 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典
恵まれた立地があれば、それだけで定期的な収入を得ることも可能だ。審査には手間がかかるものもあるが、思いがけない不労所得になるかもしれない。

自動販売機を設置する場所を見つける仕事は、自分の敷地を提供する場合と、置き場所を見つけてオーナーと契約する場合の2種類がある。

「自分の敷地に設置した場合は、その自販機の売り上げの20%が毎月入ってきます。電気代は毎月2000~3000円程度かかり、
収入から差し引かれるので、儲けを出すには月に70~100本程度売らないといけない計算です。

設置場所を探す場合は、1台につき報酬が2万~3万円。新宿のゲームセンターが入ったビルの契約を取り、15万円の報酬を得たかたもいます。
資格もノルマもありませんが、土地のオーナーを説得する営業力が必要になります」(スペースディスカバリーサービス・トップコンシェルジュの田中秀一さん)

【軒先パーキング】
お金◎/体力◎/人気度◎/手間◎

自宅の敷地の空きスペースや、所有している駐車場を貸し出すだけ。仲介サイトに無料登録すれば全国どこでも可能だ。

「レジャー施設や観光スポットの近隣になるほど利用率は高く、月に1万~3万円程度の収入になる人もいるようです。自分が出かけている間だけ
貸し出せばいいので、時間も場所も有効活用できます」(キャリア&マネー協会代表の高村祐規子さん)

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160906-00000001-pseven-bus_all

FX始めようと思うんだがやってる奴おる?

6093690339_a09493f126.jpg
photo credit: Graph With Stacks Of Coins via photopin (license)



1: ネオ名無しさん 2016/09/19(月) 23:26:43.216 ID:ofqABVDR0
始めようと思うんだが

横行するチケットの転売ビジネス、荒稼ぎする一般人が急増・・・会社員 「年間100万円近くチケット転売で稼いでいる」


photo credit: Detail of Japanese 10,000 Yen Note, Macro Photo via photopin (license)



1: ネオ名無しさん 2016/09/14(水) 10:03:58.91 ID:CAP_USER9
男子バレーボールの五輪最終予選が3万円。大相撲の千秋楽が12万円。「嵐」のコンサートは、なんと42万円。
プラチナチケットの数々が、ネット上で「超高値」で転売されていることをご存じだろうか。

これまで、チケットを高値で転売していたのは、いわゆる「ダフ屋」と呼ばれる人たちだった。しかし、元ダフ屋の男性は、「『新たなダフ屋』が荒稼ぎしている」と語る。

「会場付近で客に声をかけ、チケットを売り買いしている我々のような連中は、通称『黒ダフ』と呼ばれています。
ですが、『黒ダフ』は『暴力団の資金源になっている』として、ここ数年警察の規制が厳しく、ダフ屋の数も売り上げもだいぶ減ってきました。

代わりに、『白ダフ』と呼ばれる新興勢力が、インターネット上で『大儲け』しているのです。
彼らは、チケット売買サイトで、我々の相場より高値でチケットを取り引きしています。その数はここ2〜3年急激に増えてきた。
しかも、彼らのほとんどは、暴力団や業者とは縁のない一般人です」

一般人がどうやってそんな大儲けができるのか不思議に思われるかもしれないが、彼らが利用するインターネットサイトの仕組みは次の通りだ。

まず、チケットを売りたいユーザーが、手元にあるチケットの詳細を登録。その際に、売り手は自由に値段を設定できる。
そしてその値段で買い手がつけば、契約は成立。やりとりはネット上で行い、支払いは振り込み。チケットは郵送や直接手渡しして取引が完了する。

このようなチケット売買サイトでは、日常的に数万円から数十万円という破格のチケットが売買されている。

「例えばジャニーズのタレントが多数出演するミュージカル『DREAM BOYS』のチケットは、最高37万円で取り引きされています。
今シーズンの巨人-阪神戦のボックスシートも10万円。定価の4倍近くです。ネットを駆使して、高額でチケットを売りさばく。
まさに『姿の見えないダフ屋』といったところでしょう」(前出の元ダフ屋)

では、そんな『白ダフ』たちはどのようにチケットを入手し、転売しているのか。
年間100万円近くチケット転売で稼いでいるという吉本辰也さん(仮名)が、その「ビジネス」のやり口を語る。

「転売を始めたのは5年くらい前です。行けなくなったコンサートのチケットをオークションに出したところ、
たまたま定価より高く売れたことがきっかけでした。それ以来、『これは結構儲かるんじゃないか』と思い、チケットを購入しては転売するようになりました」

肝心のチケットの仕入れだが、吉本さんは特にイベント関係者とのコネがあるわけではない。

「人気のアイドルやミュージシャンのファンクラブに登録して、ひたすら応募するのが基本です。
それだけでは当選確率があまりにも低いので、友人や家族名義の住所も借りてファンクラブに入り、複数口応募しています。

一度当選したらしめたもの。すぐさま売買サイトに情報を登録します。定価1万円のチケットでも、人気アイドルのコンサートや
ワールドカップの日本戦ともなると、3万〜4万円でも一瞬で売りさばけます。それがいい席だと、『言い値』感覚で値段が付きます」

吉本さんは会社員。転売は「副業感覚」でやっているそうだ。

実際、誰でもネットを使えば気軽に転売できるため、「白ダフ」に手を染める一般人が急増。
消費者同士でチケットを取り引きする二次流通市場は急拡大し、いまや500億円の「巨額」に膨れ上がっている。

吉本さんとは別の「白ダフ」がさらに転売ビジネスの実態を明かす。

「市場に出回る転売チケットの9割は、一般人による個人同士の売り買いです。いわゆる高額転売を目的としたチケット販売の『プロ』たちは、実は残りの約1割。
この『1割』が悪質で、なかには年間で1000万円くらい荒稼ぎする人もいます。

最近は中国人や韓国人の留学生もこの『1割』のなかに増えてきています。同じ国の人から『儲かる商売がある』と勧められるのです」
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/49695
>>2

学生ノリのバカ騒ぎしてるだけのYoutuberがボロ儲けしてる現実

3190001827_16eef76709.jpg



1: ネオ名無しさん 2016/09/14(水) 18:07:58.79 0
敢えて誰とは書かないがバカみたいな騒ぎやってるだけの奴らが「Youtuber」と呼ばれて
Googleから金もらってる
昔ならただのバカだったのが金になるようになってしまった

これ以上バカに餌与えないためにGoogleはYoutubeの収益化を辞めるべき

売買代金はアベノミクス前に逆戻り・・・日銀が歪めた株式市場から逃げ出す投資家たち

6640617039_27e630ba5a.jpg
photo credit: Tokyo Stock Exchange via photopin (license)



1: ネオ名無しさん 2016/09/17(土) 19:17:39.05 ID:CAP_USER
http://toyokeizai.net/articles/-/136433

「1日当たりの平均売買代金がアベノミクス前の水準まで逆戻りしてしまった」――。ネット証券会社の多くの幹部はそう言って頭を抱える。
例年、材料不足で商いが低調になりがちな8月の株式市場。だが、今年の“夏枯れ”はこれまでにない不穏な空気をはらんでいた。

8月の東京証券取引所と名古屋証券取引所合計の1日当たり平均売買代金は2兆4628億円。
前年同月比で29.7%減、前月比でも13.0の減少となった。

個人投資家の売買代金が落ち込む
特に落ち込みが激しかったのが個人投資家だ。日本取引所グループがまとめた投資部門別株式売買状況によると、
前年同月比で41.7%減、前月比で26.9%の急減だった。委託売買代金全体に占める割合も
月平均で19.9%と低迷。昨夏のチャイナショック直後と同水準まで落ち込んだ。
こうした状況は、個人投資家を主顧客とするネット証券会社を直撃。1日当たり平均売買代金は、
楽天証券の前月比27.9%減を筆頭に、軒並み2割前後の大幅減となった。

なぜ8月に売買代金がここまで急落したのか。
風向きが変わり始めたのは今年1月だった。日本銀行がマイナス金利政策を導入したことで、
高利回り銘柄として個人投資家に人気だったメガバンク株が値下がりした。
多くの含み損を抱えた個人投資家たちは売買額を減らしていった。ただ、英国のEU(欧州連合)離脱決定や
ポケモンGOブームの影響で6?7月は株式市場のボラティリティが高まり、
それなりに売買が成立した。
こうして迎えた8月だったが、ポケモンGOブームは前月で一巡。一転して手掛かり難となった。
そこに思わぬ事態が生じる。日銀によるETF(上場投資信託)買い入れ枠の増額だ

金融緩和策の一環として、日銀は2010年12月に年間1兆円のETF買い入れを開始。
その後、量的・質的金融緩和の拡大に伴い、2014年11月に年間買い入れ枠を3兆円に増額した。
さらに今年7月には同枠を5兆7000億円へ再増額。8月に入ると、1日当たりの買い入れ額を従来の300億円台から
700億円台へと大幅に引き上げた。
日銀はTOPIXの午前終値の下落率を判断材料にして、午後にETFを買い入れるか決めているとみられる。
一方、個人投資家はファンダメンタルズ(経済活動の基礎的要因)を分析し、狙っている銘柄の株価が下がりきったと判断した
局面で株を買うのが一般的な投資行動だ。
「企業業績や景気の先行き不透明感から上値が限定的な中、株価が下がると日銀が買い支える。
個人の買い場がなくなっている」(楽天証券経済研究所の土信田雅之シニアマーケットアナリスト)

(以下略)

個人型確定拠出年金、愛称が「iDeCo(いでこ)」に決まる


photo credit: Detail of Japanese 10,000 Yen Note, Macro Photo via photopin (license)



1: ネオ名無しさん 2016/09/16(金) 15:40:07.02 ID:CAP_USER
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160916/k10010688991000.html

公的年金に上乗せして給付を受ける私的年金「個人型確定拠出年金」の愛称が、「iDeCo(いでこ)」に決まり、
厚生労働省などは老後の所得保障の充実に向けて制度の普及促進を図りたいとしています。


公的年金に上乗せして給付を受ける確定拠出年金は、加入者みずからが掛金を拠出して運用し、
の結果に基づいて将来の給付額が決まる私的年金で、このうち「個人型」の加入者の範囲が
来年1月から基本的に60歳未満のすべての人に拡大されることから、
金融機関などでつくる普及促進を図る協議会が愛称を募集していました。

(以下略)

ガンプラをめちゃくちゃ綺麗に作ってヤフオクで転売したいんだが

28805062283_5aa81fff7f.jpg


1: ネオ名無しさん 2016/09/13(火) 10:21:29.664 ID:CqiFbIB10
綺麗に作るコツを教えろ あと何が高く売れるんだ?ジオングか?



Amazon オススメBooks (株式投資)




Amazon オススメBooks (FX)




Amazon オススメBooks (転売)